青汁の魅力を楽しむ

Enjoy green juice

メインイメージ

製品タイプは何が良い

青汁は様々なメーカーが商品を展開している国民的健康食品です。
それ故に様々なタイプが存在しています。
それぞれの好みや相性にあったお気に入りの製品を見つけたいところです。

とはいえ、星の数ほどもある製品のなかから理想の品を見つけるのはなかなか難しいものです。
そこでまずは製品タイプから絞り込んでいくことをオススメします。
また、ここでは製品タイプごとのメリットやデメリットを紹介しています。

ちなみに製品タイプには下記のような例があります。

○粉末タイプ
(加熱処理によるものorフリーズドライ製法によるもの)
○冷凍タイプ
○サプリメントタイプ

このなかから自分に合ったものを選びましょう。
基準としては、飲むまでの手間・利便性や味などが大きな位置を占めるでしょう。
製法や製品タイプによって含有成分が損なわれてしまう場合もあるので注意したいところです。
こちらのサイトに顆粒タイプと粒タイプの青汁についての、詳しい説明ページがありました。

冷凍・粉末の違い

上記のタイプのうち、もっともポピュラーな製品タイプとして、
粉末と冷凍の二種類が挙げられます。
市場製品もほとんどがこの二つに分けられると言っても過言ではありません。

そこで、この二つを比較してメリットとデメリットを順に見ていきましょう。

○粉末タイプ
先述したように、これには加熱処理とフリーズドライの二種類があります。
共通して言えることは、いつでも飲もうと思えばコップと水さえあれば飲めるという事です。
その為、利便性の面では非常に優れていると言えるでしょう。
飲もうと思えばすぐに飲めるという点も便利です。

ただし加熱処理に関しては製造途中で有効成分が損なわれてしまうことが危惧されます。
それゆえに、有効成分がしっかり保存されていることがわかる信頼できる製品を選びましょう。

一方でフリーズドライは一度超低温で冷凍したものを真空状態で乾かしたものです。
そのため、殆どしぼりたてと同じ状態を再現できるという事から高く評価されています。

○冷凍タイプ
読んで字のごとく、絞りたての青汁を冷凍したタイプです。
このように至ってシンプルな製造過程のため、品質が衰えないというのがメリットです。

しかし、その反面で手間がかかるというデメリットがあります。
解凍する時間を待てればいいのですが、今すぐ飲みたいと思ったときに飲めないのは、
毎日のことだと何かと不都合が起きてしまいます。
その点をカバーできれば非常に有用性は高いでしょう。

ちなみに、この他にもサプリメント(錠剤)タイプがあります。
このタイプは利便性においては粉末タイプよりも優秀かもしれません。
しかし、あまり普及していないようです。
青汁の商品価格以外の選ぶポイントはこちら。